超未熟児トモくん/SAPIXで中学受験・令和編

617gで生まれた我が息子。 2021年4月、小学5年生になりました。 日々のことや中学受験への道のりなどを綴ります。

【小4~小5】

緊急事態宣言がまた出て、遠出など出来ない日が続く……。
トモママがお風呂好きで、よく家族で温泉やスーパー銭湯行ってたものだが、家族でそういうところに行ったのは去年の正月が最後。

トモ、比較的(だいぶ?)家でダラダラするのが好きなほうで「どこか行きたい~!」とあまり言わないほうなのが救い。
出かければ楽しんでるから外出が嫌いなわけではない。
出かけられないこと、それなりにストレスはあると思うが。


SAPIX、3月の組み分けテストは、4教科偏差値51.2でクラスはそれ以前より降格。
算数がなかなか偏差値50を越えない。


4月マンスリーテスト前は、家庭学習では算数に重点を置き、
(この期間トモパパ体調崩し、トモママがかなり張り切って付き合った)
結果、4教科偏差値52.4、
算数も52.2と久々の50越え。
クラスも2クラス昇級しました。

算数に時間割いたぶん、いつも得点源になる社会がやや不調かな……。
全教科まんべんなく、というのがなかなか難しいです。


最近のブームは横山光輝の『三国志』。
トモママが少しずつ買い足してきたのを、夢中になって読んでいる。



にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

2394995

親が何が捨てようとすると、ほぼ必ず反対する。

壊れた家電など買い替えようと話していても「いろいろ思い出があるから!」と言い出したり。

小さくなって着られない衣類、くしゃくしゃになった織紙細工なんかも……。


トモママに「ゴミ屋敷に住むことになるよ?」と諭され、最近は渋々承諾することも多くはなったけど。


しかし先日、トモママがスマホに貼っていた保護フィルムが古くなったので捨てようとしたら、強硬に反対。


理由は……


トモママがスマホでゲームをしているのを一緒に見て楽しんでいた思い出が詰まっているから、だと!!


トモママ、その言葉に「何て可愛いことを言うんだ……」と感激していたが、


トモがトモママに「もし捨てたらママとは口を利かない!!と脅していたと聞いて、トモパパは
「???」


だって、ママとの思い出を大事にしたいって言ってるのに、そのためにママ本人と絶交するって、おかしくないか?

ママ本人より、保護フィルムのほうが大事ってこと?


本末転倒じゃん!!


にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

134050

最近トモがハマっているのはタブレット。

小学校から支給されたものを、暇さえあれば見ている。
と言っても見るのはタブレットに登録されている教育番組ばかりなので、今のところは特に厳密な時間制限などは設けず(程度はあるけど)、空いている時間は見てよいことにしています。


コンピュータプログラムの番組を見て、実際にちょっとしたプログラムを組んでみたりとかもしてた。


先日は「ネットとの付き合い方」みたいな番組を見て、トモママに

「エッチなサイトは、詐欺の可能性が高いんだって!」

などと言い、トモママは「そういうこと言う年齢になってきたか……」と思ったそう。
(具体的にはまだ分かってないみたいだが)


ゲームのほうは、土日祝のみ1日30分以内という決まりで、任天堂switchをよくやっている。
スマッシュ・ブラザーズや、あと自分のお小遣いで買った「どうぶつの森」もやっていたが、最近は何か、最初からインストールされてるゲームをやってるみたい。


ゲームをやった直後にSAPIXの「計算コンテスト」をやると成績がいいようで(脳が活性化されるのか?)、「ゲーム後は計算コンテスト」が何となくの決まりになっている。


去年の年末にプレステの『桃太郎電鉄』を買って、何度か親子3人でやったが、ある時トモママが「今日は桃鉄やろうか?」と言ったら「今日はアニメを観たいからやめとく」と答え、以来、なかなかやる機会がないな……。


「桃鉄」では、ボンビーがキングボンビーに変身する予兆の場面になると「怖い~」と画面の前から逃げ出す。


あと、自分がビリになっても泣き喚いたりしなくなった。
小さい頃、ボードの「人生ゲーム」でビリになると、ひとしきり泣き喚いたものだったが。




にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

828954

トモ、かつては「一番楽しいのは学校!」と言っていたものだが、
「家が一番でなくてごめんね!」などと気を遣っていた)

近頃はよく


「学校行きたくない~!!」


とボヤく。


休日が終わる夜など「明日は学校だ~!!」と泣き喚いたり。


聞いてみると、縄飛びのテストだとか、面倒な作業がある授業などが嫌だということらしく、
人間関係などの深刻なものではないみたい。

ボヤきながらも学校には行って、下校後はケロッとしてる。


大人が、深刻なコンディション不良などがなくても「ああ、仕事行きたくねえなあ……」と面倒に思うようなものか?


こうなったの、確か去年のコロナ休校明けからなので、ずっと家にいることに味をしめてしまったのもあるかも……。


SAPIXは、まあ少々面倒そうな時もあるが、基本的には張り切って通っており「行きたくない~」と言い出したことは無い。
帰宅後は、習ったばかりのアレコレを興奮気味に語ってくれたり。
(先日は理科の「熱伝導」について熱く語っていた)

周囲の子の姿勢も、いろいろ刺激になっているようです。





にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

233262 (1)

コロナで旅行や外出などもあまりしていないし、SAPIX組み分けテスト前はみっちり勉強したのもあって、組み分けテスト後の日曜は久々にトモパパと2人で公園へ。

途中、ずっとパンクしたままになっていたトモの自転車の修理に自転車屋に寄ったりしつつ。


日頃の運動不足(トモパパ&トモ2人とも)解消のために、広い公園をウロウロ歩きたかったのだが、
トモ、しばらく歩くと

「砂遊びしたい!」

と言い出す。

最近あまり外で遊べていないし、トモが望むなら……と、そこからは砂遊びタイム。


で、3時間弱くらい、ひとりで、山を作り続けた!
(周囲はトモよりずっと小さい子ばかりだったのと、なるべくソーシャル・ディスタンスを心掛けたのもある)


時々トモパパに「見て見て!」「ここ手伝って!」と言ったり、雑談をしたりしつつだが、基本トモパパは脇で見守り。


ある意味、すごい集中力。


ひとりで黙々とやる系の仕事に向いているのかな?


山のひとつが阿蘇山に似ていることに気付いてからは、

「じゃあ、こっちは富士山だ!」

と「宝永噴火口」を作ったり、富士市への道を作ったりしたあたりが、さすがに小4&社会得意な子らしいと言えば言えるかも。
(宝永噴火口は『ブラタモリ』で覚えた)


IMG_2204






















左が阿蘇山、右が富士山(右の穴が宝永噴火口)だそう。


こんな大きな山が作れるようになったと思うと、こんなことでも感慨がある。

同時に「まだまだ幼いよなあ……」と思ったり。
(手塚治虫『三つ目が通る』で、中学生の写楽くんが幼稚園児と砂遊びしている場面を思い出してしまいました)



にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村







↑このページのトップヘ